彼女の長電話と対策

彼女の電話が長すぎる!

彼女が長電話するときには

気心の知れた彼女と電話で話すのは、いくら話しても飽きずに楽しいものです。とくに、彼女との間を親密にして仲を進展させるためにも、この電話時間は多めに確保しておく必要がありますよね。

ただ、そうは言っても、仕事などでプライベートの時間が限られている社会人にとっては、彼女との長電話が苦痛に思える時があるのも事実です。

さすがに、仕事が終わってから1〜2時間も電話に時間をとられたら、一人暮らしで家事もやっている場合は「えっ、まだ話が続くの・・。」と思うのも人情です。

基本的に、女性は「好きな男性とは、長くお話したい!」と思っています。そんな彼女の願いを叶えるためにも、しっかりと対策を立てておきましょう!

 電話時間は大丈夫?

彼女との長電話

さすがに「電話は用件のみ!」というのはあまりにも寂しいことなので、お互いが心地よいと思えるような世間話をする程度の時間は持ちましょう。

ですが、さすがに1時間以上の長電話は無用です。

たしかに、初めての電話で話も弾んで、ついつい長電話になってしまったという場合はとても良いことです。お互いのフィーリングが合ったということで、喜ばしいことと受け止めるべきでしょう。

ただ、彼女が話好きであった場合には、連日のように1時間突破の長電話コースを喰らってしまう可能性も十分に考えられます。これは、二人の仲が深まるほどに、彼女の長電話もその本性を表してきます。

電話と言うのは、二人の仲を進展させるための道具です。決して、苦痛を感じるような状況にしてはいけません。

 彼女の電話が長すぎるときには!

彼女の長電話が過ぎるようであれば、平日はせめて1時間以内にしてくれるようにお話してみましょう。もちろん、夕飯や風呂も終わって、あとは寝るだけという時間に余裕のある状況で電話を始めるのが最善です。できれば、「二人の電話の時間!」などと銘打って、ある程度の電話の開始時間を決めておくのも有効です。

ただ、電話時間で彼女に我慢させているのであれば、休みの前の日には多めにお話したり、休日にデートに誘うなどして、しっかりとフォローしておきましょう!

 女性との交際が、前進しない男性に!

そこそこ楽しい会話はできるけれど、彼女との仲があまり進展しない、彼女が恋愛に本気になってくれない時には、会話の攻め方を変えてみましょう!

 電話のかけ方の関連メニュー

電話番号の聞き方   ・電話するタイミング  ・彼女に初めて電話する時

電話する時間とマナー ・彼女が長電話好きの対策