彼女と初めてのメールの書き方

彼女に初めてのメールを送るとき!

彼女に送るメールの書き方

お目当ての彼女からメールアドレスを聞けた日には、もう、心も軽やかに有頂天になると思います。ええ、分かりますよ。一番、勇気がいる最初の関門を突破した記念日ですものね。こんな時くらいは、大いに喜びましょう!

・・・・・。

・・・。

さあ、落ち着きましたか?

大好きな彼女のメールアドレスが聞けた。そして、有頂天になっていたけど、やっと落ち着いた。次にすることは何ですか? そう、彼女にメールを送る事ですね! せっかく聞けた連絡先ですので、しっかりと活用して彼女と親密になりましょう。

 最初のメールは、自分から送ろう!

まずは、メールを送ってみよう

気になる彼女とメルアドを交換した場合には、まずは、あなたからメールを送りましょう。

最初のメールですので、あまり重くない内容が良いですね。たとえば、「今日は楽しかったね!」と言うような気軽なメールから始めてみることをお勧めします。

ただ、彼女があなたの事を覚えていない可能性もあります。それを回避するために、メルアド交換の時には名前と顔を覚えてもらえるように、少し強調して伝えておきましょう。そして、彼女に送るメールにも名前を書いておきましょう。

これで、「このメールの人って、誰だっけ。」という緊急事態は回避できます。

 彼女から返信が来たよ! ( 落ち着こう )

この時が、一番楽しい瞬間ですよね。ただ、自分が浮かれるだけではなく、彼女からのメールの内容をきちんと把握することが大切です。そして、まずはメールを返してくれて嬉しい旨を伝えましょう。

また、彼女のメールの絵文字内容から「気分を害している」「嬉しい」などの気持ちを読み取ったり、言葉使いや文章の長さなどで気持ちを推し量りましょう。

 メールのやり取りでの注意!

彼女とメール交換を始めたからと言っても、いきなり長文のメールを送るようなことは自重しましょう。彼女への質問はなるべく少なく、徐々にいきましょうね。その上で、少しずつ彼女の情報を収集していけるようにしましょう。

ただ、携帯電話のメールアドレスではないフリーメールのアドレスを教えられたり、転送系メールアドレスだった場合は、女性が複数の相手とメール交換をしていたり、あなた自身への警戒レベルが下がっていない場合があります。

そんな時は、慎重にメール交換をしましょう。

また、女性の中には、複数の男性のメルアドを把握していることをステイタスにしていることもあります。その場合は、恋愛対象としてではなく、メル友の一人として見られている場合があるので注意しましょう。

 メールを成功させる秘訣!

女性とのメールはとても大切です。とくに、メール交換して間もない頃は、内容や頻度で悩むこともあると思います。これからの充実した恋人ライフのためにも、どんなメールが効果的なのか知っておきましょう!

 メールの書き方の関連メニュー

彼女へのメールの書き方 ・嫌われるメール  ・おはようメール

上手くメールする方法  ・返事が来ないとき ・デートに繋げよう